新型コロナウイルス感染症への対応について

三菱ふそうと東北大が工学教育の共同研究契約

三菱ふそうと東北大が工学教育の共同研究契約

集中講義で実践的な技能向上と学習機会を創出

三菱ふそうトラック・バスは5月21日、東北大大学院工学研究科と産学連携による教育プログラムの開発・実践を目的に共同研究契約を締結したと発表した。

同大に「三菱ふそう実践的工学教育プログラム共同研究部門」を設立。集中講義やインターンシップ、技術交流ワークショップ(WS)を通じて学生が実践に向けた技術習得および課題対応を学ぶ機会を創出する。

講義では三菱ふそうの関連部署が現場レベルの問題を題材に実践的な能力を養う講義をグローバル企業の視点で行う。同大の学生を対象とした集中講義は2019年末ごろまでに8講義を開催する予定。内容は三菱ふそうのバリューチェーンに基づく内容となっており、20年から同大のカリキュラム内に連携講義として組み込まれシラバスに掲載される見込み。

インターンシップは同大の学生が三菱ふそうで実践的な経験と社会が直面する課題に取り組み、現場でどのような問題が起きているかを実際に学ぶ長期インターンシップに参加。技術交流WSでは同大の若手研究者と三菱ふそうの技術系社員が意見・体験を交換する。

三菱ふそうは教育によってエンジニアの能力向上を目的とする「共同教育コンセプト」を掲げて日本の教育制度支援を目指している。学部生と大学院生を対象に企業が直面する課題の教育をサポートすることで若者の技能向上につなげたい考え。

(鳥羽俊一)

その他カテゴリの最新記事