三菱倉庫、中外製薬の医薬品物流業務を受託

三菱倉庫、中外製薬の医薬品物流業務を受託

運営担うセンターが21年1月に稼働予定

三菱倉庫は6月14日、中外製薬の医薬品に関する物流業務を受託したと発表した。

運営を担う物流センターは2021年1月に稼働開始予定。医薬品の取り扱いを増やしたい三菱倉庫と、イノベーション創出に経営資源を集中したい中外製薬の思惑が一致した。

中外製薬の完全子会社の中外物流(埼玉県加須市)は、三菱倉庫のセンター運営が始まった後に解散する計画。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事