ヤマダ電機、サイブリッジグループの宅配ボックスでネット購入品受け取り実験開始

ヤマダ電機、サイブリッジグループの宅配ボックスでネット購入品受け取り実験開始

東京・新砂の店頭で24時間好きな時間に利用可能

ヤマダ電機は6月18日、インターネット関連企業のサイブリッジグループ傘下で新たな宅配ボックス「ERYBOX」の開発を手掛けるERY JAPAN(東京)と連携し、ヤマダ電機のインターネット通販サイトで購入した家電などの商品をERYBOXで24時間受け取り可能なサービスの実証実験を始めたと発表した。

ヤマダ電機の店舗「YAMADAホールセール江東新砂店」(東京)の店頭にERYBOXを置き、ネット購入時に受け取り場所として選択できるようにした。佐川急便の再配達先を同店舗のERYBOXにすることも可能。宅配の再配達削減への貢献を図る。

ヤマダ電機はネット通販で買った商品を同社の好きな店舗で受け取ることができるサービスを2016年から展開している。ただ、受け取りは店舗が営業している時間帯に限られるため、宅配ボックスを使い、ユーザーが好きなタイミングで引き取ることができるようにし、利便性の良さや課題を探る。


受け取り可能なERYBOX(ヤマダ電機プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事