五輪期間中の交通規制、7月24・26日にテスト実施へ

五輪期間中の交通規制、7月24・26日にテスト実施へ

高速道一部入り口閉鎖や料金所の開放レーン削減など予定

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会と東京都は6月19日、大会期間中の交通渋滞緩和策を関係者が検討する「輸送連絡調整会議」の会合で、7月24、26日の両日に実施する交通規制テストの概要案を提示した。

首都高は選手村などの周辺にある入り口4カ所を終日閉鎖して専用車両のみ通行可能とするほか、他の高速道でも混雑の状況を見ながら50カ所の入り口を対象に随時閉鎖や解除を行う。さらに本線の料金所11カ所で開放するレーンの数を減らす。

併せて、一般道で都心方面への青信号の時間を短くするなどの対策を実施し、車の流入抑制効果を見極めた上で、本番に向けて準備、検討をさらに進める予定。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

協会・団体カテゴリの最新記事