【災害】物流各社、震度6強の新潟・村上市への配送遅れや一時見合わせ

【災害】物流各社、震度6強の新潟・村上市への配送遅れや一時見合わせ

道路事情悪化が影響

主要物流事業者は6月18日夜の地震で震度6強を観測した新潟県村上市への荷物配送に関し、道路事情の悪化などで遅れや一時見合わせを強いられている。

ヤマト運輸は19日、同市への宅配便などの配送に遅延が生じていると発表。佐川急便も同市の今川、板貝、笹川の各エリアで集荷・配達を一時見合わせているほか、それ以外のエリアでも遅れが出ていると自社サイトで公表した。

西濃運輸も同市での配達の遅延や見合わせ発生を発表。当該エリア向けの荷受けは全国で中止しているという。山形を地盤とする第一貨物も、国道345号が通行止めとなったため、同市内で配達不可の地域があると説明している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事