豊田自動織機が情報システム子会社の機能を再編・拡大

豊田自動織機が情報システム子会社の機能を再編・拡大

社名を「豊田自動織機ITソリューションズ」に変更

豊田自動織機は7月1日、全額出資子会社で情報システムの企画・開発・運用を行う豊田ハイシステムを同日付で「豊田自動織機ITソリューションズ」に社名変更したと発表した。

グループ内の情報システム開発機能を再編してシステム子会社の役割を拡大。AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)など最新デジタル技術による新分野での取り組みを強化する。

これまでは本体の情報システム部門とシステム子会社がグループにおける業務システムの企画から運用までを共同推進してきた。今後は豊田自動織機ITソリューションズが一貫して行う体制に順次切り替える。

豊田自動織機では工場IoTの一環としてデータ活用基盤を整備。これを生かした品質向上・生産性向上の取り組みを進めているが、今回を機にものづくり革新やデジタル技術のさらなる拡大に向けたIT戦略を立案していく。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事