イオン九州とソフトバンクがネットスーパーの夜間配送で実証実験

イオン九州とソフトバンクがネットスーパーの夜間配送で実証実験

午後10~11時に受け取り可能、今後は地域のドライバーとマッチングも

イオン九州とソフトバンクは7月2日、スーパーの商品配送業務効率化で協業したと発表した。

第1弾として、今年6月からインターネットスーパーの夜間配送に関する実証実験を展開。イオンショッパーズ福岡店(福岡市)から午後10~11時を含む時間帯に商品を届け、ニーズの強さなどを検証する。午後3時までに注文すれば当日の午後11時までに商品を受け取ることが可能。

今後は配送業務を地域のトラックドライバーとマッチングするシステムについても同様に実証実験を行う構え。CBcloud(東京)の配送マッチングサービスを活用する予定。配送車両手配やコストを最適化し、よりユーザーのニーズに即したサービスを提供できるようにしたい考えだ。


配送の様子(両社プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事