三菱ふそうがインドネシアから技能実習生148人受け入れ

三菱ふそうがインドネシアから技能実習生148人受け入れ

車両整備に精通したグローバル人材を育成へ

三菱ふそうトラック・バスは7月2日、外国人技能実習制度「自動車整備作業」の実習生として新たにインドネシアから148人を採用すると発表した。7月1日付で43人、10月1日付で105人が各拠点で研修を開始する。

関連記事:【独自取材】丸協運輸が倉庫業務でベトナム人技能実習生を受け入れ

2016年4月に同制度で自動車整備作業が追加されたことに伴い、同社はこれまでアジア諸国から技能実習生を受け入れてきた。現在はベトナム人とフィリピン人の合計157人が全国の拠点で技能実習を行っている。

同制度を通じて海外へ日本の高い点検整備技術の展開をサポートするとともに、車両整備に精通したグローバル人材を育成。アジア各国を中心とした地域に優れた整備技術を広めていく。今後も継続して外国人技能実習生を採用する考え。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事