JLL、千葉・八千代の物流施設「MCUD八千代」内覧会を7月25、26日開催

JLL、千葉・八千代の物流施設「MCUD八千代」内覧会を7月25、26日開催

賃貸面積3万5510平方メートル、今秋完成予定

ジョーンズ ラング ラサール(JLL)は7月25、26の両日、千葉県八千代市緑が丘の物流施設「MCUD八千代」の完成前内覧会を開催する。両日とも午前10時、午後1時、同3時の計3回実施する。

「MCUD八千代」は三菱商事都市開発が手掛けており、準工業地域に立地。鉄骨造の地上2階建てで敷地面積3万7798平方メートル、賃貸面積3万5510平方メートル。2019年秋の完成予定。


「MCUD八千代」の完成イメージ(JLL提供)※クリックで拡大

京葉道路の花輪ICより約10キロメートル、東関道の千葉北ICより約12キロメートルに位置しており、最寄りの東葉高速鉄道八千代緑が丘駅からは約2・0キロメートル。

2層両面バースを採用し、豊富なトラックバースを確保。併せて、2階部分は梁下有効天井高7・5メートル以上、1平方メートル当たり床荷重2・0トンを実現し、重量物への対応や保管効率を高めた運用を可能にする計画。

JLLは「国道16・296号へのアクセスが良く、区画整理によりマンション・戸建ての開発が進む人口増加エリアに位置するため、雇用確保にも優位性が望める立地。また台地に位置しているため、地震発生時にも液状化の恐れが低くBCP(事業継続計画)対応にも優位な立地」と説明している。

参加希望はメールで受け付けており、締め切りは7月19日。問い合わせ先はJLLの村上、片山両氏。メールアドレスはhideyuki.murakami★ap.jll.com(村上氏)もしくはTakeshi.katayama★ap.jll.com(片山氏)。電話は070-1271-6675(村上氏)もしくは070-3194-2763(片山氏)まで(メール送信時は★をアットマークに変更)。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事