日通とラピュタロボが庫内作業省人化で連携

日通とラピュタロボが庫内作業省人化で連携

現場でAI搭載ピッキングロボット活用実験、19年度中の導入目指す

日本通運とロボット開発を手掛けるスタートアップ企業のRapyuta Robotics(ラピュタロボティクス)は7月10日、倉庫内作業の省人化で連携したと発表した。

2018年10月から日通の倉庫にラピュタが開発しているAI(人工知能)搭載のピッキングロボットを導入し、実証実験を展開。ロボットが庫内を自律走行して目的の商品が収められた棚へスタッフを誘導し、モニターに映し出された通りに作業した結果、人間とロボットが安全に協働でピッキングを効率良く進め、作業時間を短縮できることを確認したという。

ラピュタのロボットは庫内のレイアウトを変更せずに導入できるなどの特徴がある。今年9月をめどにあらためて実証実験を行い、その成果や課題も踏まえて19年度中に日通の既存倉庫に導入したい考えだ。


ロボットの実証実験の様子(両社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事