新型コロナウイルス感染症への対応について

ZHDとヤマトが業務提携で基本合意、ネット通販出店者向け新物流サービスを6月末開始へ★再差し替え

ZHDとヤマトが業務提携で基本合意、ネット通販出店者向け新物流サービスを6月末開始へ★再差し替え

ヤフーなどの取扱量伸ばし、アマゾンや楽天追撃狙う

※13時過ぎに配信した一報記事を差し替えました

ヤフーを傘下に収めるZホールディングス(HD)は3月24日、ヤマトホールディングスと業務提携に向け基本合意したと発表した。

第1弾として、ヤフーのECショップ「Yahoo!ショッピング」と「PayPayモール」の出店者向けに商品受注から出荷までを代行する新たな物流サービスを今年6月30日に開始する予定。3月24日に受け付けを開始する。

ZHDはヤマトHDの力を借りてヤフーなどZHDグループのECの物流サービスレベルを改善して取扱高を伸ばし、EC大手のアマゾンや楽天を追撃したい考え。ヤマトHDはEC大手のZHDとタッグを組み、自社の物流ネットワークを有効活用して収益拡大につなげる構えだ。

ヤマトは出店者に代わって商品の保管から受注、ピッキング、梱包、出荷、配送まで一貫して手掛ける「フルフィルメントサービス」と、倉庫で当日配送対象の商品を出店者がトータルピックした後、ピッキングや梱包、出荷、配送の部分を担う「ピック&デリバリーサービス」の2種類を全国で提供。「ピック&デリバリーサービス」の当日出荷は神奈川県の一部エリアでスタートし、順次エリアを広げる計画だ。

このほか、ZHD傘下のZOZOとアスクルが運営する倉庫や配送網を活用した物流・配送サービスも展開する予定。

ZHDは併せて、「PayPayモール」上で実店舗の在庫情報を連携させ、今年秋ごろをめどにネットショップの商品を実店舗で購入できるようにするほか、eコマース事業者向けにヤフーで活用している検索や決済などのシステム「XSエンジン」を開放、提供。ZHDのeコマースへの出店をさらに増やしていく方針だ。

ヤフーは6月末から12月までの間、ヤマトの新物流サービスを利用するストアの商品を購入した場合、PayPayのポイント還元で実質的に送料を無料とするキャンペーンを展開する。

「配送も次のステージを検討」

3月24日に東京都内でインターネットを通じて記者会見したZHDの川邊健太郎社長は2014年に実施した出店料無料化などの「eコマース革命」の効果でYahoo!ショッピングが大きく成長してきたと説明した上で「ここから国内ECナンバーワンになるには品ぞろえなどの部分以外の質も上げる(必要がある)。欲しい物が欲しい時に手に入るeコマースに成長していく。そのために取り組まなければならないのが物流や配送だ」と強調。

ヤマトHDの長尾裕社長は「新たな物流サービスを通じて皆さまに2つの価値をご提供したい。1つはストア運営において日ごろ発生している物流にかかわる業務を軽減させること、もう1つは私たちヤマトの配送を通じて皆さまのお客さま、つまり購入者さまの顧客体験を大きく向上させることだ」と狙いを説明。「本日は出荷までの物流周りのお話が中心となったが、今後は出荷後の配送部分についても次のステージを検討していく。外部の配送リソースと連携を強化し、ECの最適解となるラストワンマイルサービスを提供する、そのために今後、ZHDとの連携をさらに強固なものにしていきたいと考えている」と配送面でのサービス品質向上にも貢献していく姿勢を示した。


提携を発表したZHDの川邊健太郎社長(左)とヤマトホールディングスの長尾裕社長(ZHD提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事