ラサール不動産投資顧問、神戸で物流施設開発用地を取得

ラサール不動産投資顧問、神戸で物流施設開発用地を取得

敷地面積2万3862平方メートル、21年9月ごろ完成見込む

ラサール不動産投資顧問は7月16日、神戸市西区で物流施設の開発用地を取得したと発表した。

敷地面積は2万3862平方メートル。複数テナントに対応可能な延べ床面積3万3000~4万7000平方メートル程度の物流施設を開発する計画だ。完成は2021年9月ごろを見込む。

開発地は物流施設などが多く集積する「神戸複合産業団地(神戸テクノ・ロジスティックパーク)」内に位置。山陽道・神戸淡路鳴門道の神戸西ICから約1・0キロメートルで、神戸港や三宮へ車で30分、大阪中心部へ1時間とアクセスの良さが特色。

同社の永井まり執行役員は「本物件は関西圏および西日本全域へのアクセスの優位性と、関西内陸で強固な地盤を有するBCP(事業継続計画)対策の優位性を生かし、物流効率化に大きく貢献し得る高機能な立地」と強調している。

神戸テクノ・ロジスティックパークの航空写真。赤く塗りつぶした部分が取得箇所(ラサール不動産投資顧問プレスリリースより引用、写真は神戸市提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

ラサール不動産投資顧問カテゴリの最新記事