佐川、熊本の新たな大型商業施設から館内物流受託

佐川、熊本の新たな大型商業施設から館内物流受託

入居の150店舗向けに入出荷など効率化、観光客らの手荷物預かりも

佐川急便は7月30日、熊本市で9月14日に開業する予定の大型商業施設「SAKURAMACHI Kumamoto」から館内物流を受託したと発表した。同施設を運営する九州産交ランドマーク(熊本市)と契約を締結した。

同施設は熊本城にも近く、約150店舗が入居するほか、国内最大級のバスターミナルを備える計画。併せて、3000人以上を収容できるコンサートホールなどの公益施設も同じ街区内に整備。集客が見込まれている。

佐川は法人向けに各種ソリューションを提案するチーム「GOAL」が効率的な物流を提案、契約にこぎ着けた。同施設には宅配受け付け・手荷物一時預かりのカウンターを設置し、観光客らの手荷物を受け入れる予定。


「SAKURAMACHI Kumamoto」の完成イメージ

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

SGホールディングスカテゴリの最新記事