画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

野村不動産が愛知・小牧で1万㎡の新たな物流施設完成、新開トランスポートシステムズが1棟借り

野村不動産が愛知・小牧で1万㎡の新たな物流施設完成、新開トランスポートシステムズが1棟借り

名神・東名・中央の三大高速道路へ円滑にアクセス可能

野村不動産は3月29日、新たに愛知県小牧市で高機能型物流施設「Landport(ランドポート)小牧ANNEX」が3月25日に竣工、満床稼働したと発表した。新開トランスポートシステムズが1棟借りしている。

地上5階建て(倉庫は3層)、延べ床面積は1万149平方メートル。小牧ICから約4.6キロメートルに位置し、名神高速道路、東名高速道路、中央自動車道の三大高速道路へスムーズにアクセスできる立地が特徴。

名古屋駅まで約22キロメートル。東海環状自動車道・伊勢湾岸自動車道の利用にも適しており、中部圏をはじめ広域をカバーできるとみている。

車両と倉庫の高さを水平にする「テーブルリフター」を採用し、精密機器の荷役効率を向上。倉庫部の1、2 階は梁下有効高を6.5メートル確保して高い保管効率を実現した。さらに、大庇を取り付けてバース部の無柱化を実現、荷さばき効率を高めている。1階には大型シーリングファンを導入し、快適な倉庫内労働環境の整備に努めている。

Landportシリーズの共通仕様として、人感センサー付LED照明、施設の屋根を活用した太陽光発電システム、カフェテリアなどもそろえている。

同社は首都圏以外のエリアで「Landport小牧」(愛知県)や「Landport高槻」(大阪府)を開発済み。EC 需要の全国拡大に加え、物流業界の「2024年問題」による長距離ドライバー不足を解決するため、23年2月竣工予定の「Landport京都南」(S造4階建て/延べ床面積6881.22坪)、同年5 月竣工予定の「Landport福岡久山」(S造2階建て/延べ床面積6317.25坪)をはじめ、積極的に首都圏以外のエリアで施設開発を拡大していく方針。

物件概要
物件名 Landport 小牧ANNEX
所在地 愛知県小牧市大字文津1000
交通アクセス 「小牧IC」より約4.6km、名鉄小牧線「味岡駅」より徒歩約13 分
敷地面積 5,936.07 ㎡(1,795.66 坪)
延べ床面積 10,149.63 ㎡(3,070.26 坪)
構造・規模 S造・耐震・地上5階建(倉庫3層)・ビル型
着工 2021年3月1日
竣工 2022年3月25日

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事