日本取引所・清田CEO、ヤフーの議決権行使に懸念表明

日本取引所・清田CEO、ヤフーの議決権行使に懸念表明

アスクル総会直前に独立社外取締役3人再任反対で

日本取引所グループの清田瞭CEO(最高経営責任者)は7月30日に東京証券取引所内で行った定例記者会見で、ヤフーが資本・業務提携しているアスクルの定時株主総会を前に同社の独立社外取締役3人の再任反対で議決権を行使したことに対し「懸念している」と表明した。

清田CEOは「総会の直前になって議決権を行使し、子会社の安全装置とも言われる独立社外取締役の解任にまで至った」と指摘。ヤフーとアスクルの動向を注視する姿勢を見せた。

また、ヤフーとアスクルのように上場企業のM&A(企業の合併・買収)などで企業間に親子関係が生じるケースは「新しい問題の可能性がある」との見解を示し、取引所内で研究を始めたことを明らかにした。少数株主の権利保護に向けたルール整備の必要性などに関して議論を進めるものとみられる。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事