日本航空、定期貨物便を9年ぶり復活

日本航空、定期貨物便を9年ぶり復活

米カリッタと成田~シカゴで共同運航

日本航空(JAL)は8月1日、米国で航空貨物を手掛けるカリッタ航空(ミシガン州)と、成田~シカゴ(シカゴ・オヘア空港)間で定期貨物便の共同運航(コードシェア)を始めたと発表した。

JALは以前、貨物専用機を自ら保有して定期貨物便を展開していたが、経営破綻に伴い2010年10月末で休止。その後はニーズに応じて旅客機の貨物スペースを使ったり貨物専用機をチャーターしたりしてきた。

定期貨物便の再開は約9年ぶり。カリッタ航空の力を借りて、アジア~北米間の旺盛な航空貨物需要を着実に獲得したい考え。実際の運航はカリッタ航空が担い、JALは航空フォワーダー向けに輸送スペースを販売する。


米カリッタ航空の貨物機(JALプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事