佐川急便、AIで宅配の配送伝票入力を自動化

佐川急便、AIで宅配の配送伝票入力を自動化

月間8400時間を効率化可能と試算

佐川急便は8月2日、AI(人工知能)を活用し、宅配便の配送伝票入力業務を自動化するシステムを7月から本格稼働させたと発表した。

開発はグループのSGシステム(京都市)、ITコンサルティングを手掛けるフューチャーアーキテクトと共同開発した。読み取ったデータを佐川の既存システムと連動させるところまで自動化している。

手書き数字の認識精度は99・995%以上を達成しているという。佐川の宅配便は年間約13億個の荷物を取り扱っており、繁忙期は1日100万枚の配送伝票の情報を人力でシステムに入力していた。同社は新システムの活用で、作業時間を月間約8400時間短縮できると試算している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

SGホールディングスカテゴリの最新記事