LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

丸協運輸が関西LCに保税蔵置場を開設

丸協運輸が関西LCに保税蔵置場を開設

通関・保管・輸配送をワンストップで提供

 丸協運輸が大阪府門真市で運営する「関西ロジスティクスセンター」(関西LC)に保税蔵置場を開設していたことが分かった。

 顧客の大手食品卸が欧州から酒類、食品類などの輸入を拡大していることを受け、通関・保管・輸配送までをワンストップで担いリードタイム短縮と業務の簡素化・効率化を図る。同社が保税蔵置場を導入したのは初めて。

 保税蔵置場は南棟と呼ばれる建屋の2階部分に設置し今年4月より稼働している。製品は大阪をはじめとする西日本地区の納品先へ輸送する。

 関西LCではドラッグストアや鉄鋼、インテリア、家電などの各種製品を取り扱っており、今後は通関機能・保税機能を通じて輸出入貨物の“窓口”拠点として展開することが期待されている。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

丸協運輸カテゴリの最新記事