トラックなど運送事業者の「ホワイト経営」認証制度、日本海事協会が実施へ

トラックなど運送事業者の「ホワイト経営」認証制度、日本海事協会が実施へ

国交省が決定

国土交通省は8月27日、トラックやバス、タクシーによる運送事業の労働環境改善を図るため、優れた経営をしようと努めている事業者を「ホワイト経営」と認める「運転者職場環境良好度認証制度」の運営を担う実施団体として、日本海事協会に決めたと発表した。国交省が民間団体を公募、選定していた。

関連記事:トラックなど運送事業の「ホワイト経営」度合い図る認証制度の詳細提唱

同制度は申請のあった事業者の経営内容を中立的な民間団体が書面で審査し、健全な就労環境の度合いを3段階に分けて認証する仕組み。具体的には、法令順守がされているかや、ドライバーらの健康状態把握に努めているか、女性活躍促進を図っているかどうかなどをチェックする。

国交省は運営団体が決定したのを受け、認証制度の早期立ち上げを図る。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

雇用/人材カテゴリの最新記事