LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

ヤマト運輸、労働日数・時間選択制度を開始

ヤマト運輸、労働日数・時間選択制度を開始

 ヤマト運輸は9月18日、働き方改革の一環として、新たに「労働日数・時間選択制度」を始めたと発表した。

 育児に携わるなど一定の条件を満たす社員を対象に、以前から進めている勤務形態多様化をさらに推進。1日の労働時間を7時間としたり、週当たりの労働日数を4日もしくは3日に設定したりできるようにし、より勤務しやすい環境を整備する。

 対象は在籍1年以上のフルタイム社員で、育児のほか、家族らの介護を担っていたり、50歳以上だったりすることが条件。1日の労働時間は従来4、5、6、8時間の4パターンの中から選択できたが、今後は新たに7時間の選択肢をチョイスできる。

 年間労働時間も、通常勤務(248日)に加え、週4日による208日、週3日による156日も選べるようになった。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

ヤマトホールディングスカテゴリの最新記事