ラグビーW杯期間中、羽田や成田など主要7空港でドローン飛行禁止

ラグビーW杯期間中、羽田や成田など主要7空港でドローン飛行禁止

国交省、安全確保へ決定

国土交通省は9月6日、ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会開催に合わせ、羽田、成田など主要7空港でドローン(無人飛行機)の飛行を禁止すると発表した。期間は最長9月13日から11月5日までで、空港によって異なる。

日本人や訪日外国人らの安全を確保するのが狙い。航空法は200グラム以上のドローンについて、空港周辺や人口密集地の上空などは事前に国の許可を得なければ飛行を禁止している。今回はラグビーW杯特別措置法に基づき、重さや大きさにかかわらず全てのドローンの飛行が原則禁止となる。

対象は羽田、成田のほか、関西、中部、新千歳、大分、福岡の各空港。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事