ライフコーポレーション、アマゾンで生鮮商品や総菜の販売を開始

ライフコーポレーション、アマゾンで生鮮商品や総菜の販売を開始

有料会員向けに最短2時間で配送、まず都内7区対象

アマゾンジャパンと食品スーパー大手のライフコーポレーションは9月12日、アマゾンの有料会員向けサービス「Prime Now(プライムナウ)」で、生鮮食品や総菜の販売を同日始めたと発表した。注文から最短2時間で配達する。食品スーパーがプライムナウに出店するのはライフが初めて。

専用アプリを通じて注文された商品を実際の店舗でスタッフが選び、当日か翌日に配達する流れ。購入者は届けてもらう時間を2時間単位で選択することが可能。配達時間は正午から午後10時で、2000円以上の購入で配達を受け付ける。料金は購入額が6000円未満で440円、6000円以上1万円未満で220円、1万円以上で無料となる。

当初は東京都の新宿、板橋、練馬、北、中野、豊島、杉並の計7区(一部エリアを除く)でスタートし、今後エリアを順次拡大していく予定。

(藤原秀行)※写真はライフコーポレーション提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事