伊藤忠商事、コーヒーの生産・流通履歴追跡プラットフォームに参加

伊藤忠商事、コーヒーの生産・流通履歴追跡プラットフォームに参加

グローバル規模で対応、ブロックチェーン活用

伊藤忠商事は9月19日、グローバル規模でコーヒーの生産・流通履歴を追跡できるトレーサビリティーのプラットフォーム「FARMER CONNECT(ファーマーコネクト)」に参加すると発表した。

プラットフォームはスイスに本拠を置くファーマーコネクト社が展開しており、ブロックチェーン技術を活用して履歴を把握する。伊藤忠はプラットフォーム運営委員会の中でアジアから唯一加わっており、適正な生産や流通を促進することで世界のコーヒー産業発展に貢献したい考え。

プラットフォームは現在、スマートフォン向けアプリの開発に取り組んでおり、完成すれば生産者にチップや感謝のメッセージを送ることが可能になる見通し。プラットフォームの一般開放は2020年の見込み。


「ファーマーコネクト」のイメージ(伊藤忠商事プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

nocategoryカテゴリの最新記事