米アルファベット、ドローンの医薬品宅配を今秋開始へ

米アルファベット、ドローンの医薬品宅配を今秋開始へ

ドラッグストア大手やフェデックスと連携

米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下のウイング・アビエーションは9月19日、米国内で今秋、ドローン(無人飛行機)を使った医薬品の宅配サービスを始めると発表した。

同国のドラッグストア大手ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスやフェデックスなどと連携、バージニア州南西部のクリスチャンズバーグ住民向けに実施する計画。最終的に注文を受けてから数分以内に市販薬などをユーザーに配達することを目標としており、ドローン物流の本格展開に向けた課題を探る。

ウイングは2019年4月、米連邦航空局(FAA)からドローンによる配送の認可を受けていた。

(藤原秀行)※写真はイメージ

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事