大和ハウス工業、ダウ・ジョーンズのESG指数に7年連続選定

大和ハウス工業、ダウ・ジョーンズのESG指数に7年連続選定

環境対策や人財育成など評価

大和ハウス工業は9月24日、米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズとスイスの調査・格付け会社ロベコSAMが共同開発した、持続可能な成長が見込まれる企業で構成しているESG指数「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス(DJSI Asia Pacific)」に7年連続で選定されたと発表した。

2019年度は日本を含むアジア・オセアニア地域の主要企業148社が選ばれており、この中で日本企業は76社に上っている。大和ハウスは「気候戦略や環境方針・マネジメントシステム、人財育成や健康・安全への取り組みなどが高く評価された」との見方を示した。

同社はほかにも、フランスの「エコ・ヴァディス」など複数のESG(環境・社会・企業統治)投資指数の構成企業に選ばれている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

大和ハウス工業カテゴリの最新記事