ココカラファイン、グループの物流機能担う子会社を設立

ココカラファイン、グループの物流機能担う子会社を設立

センターの庫内作業内製化へ、コスト抑制や納期順守など推進

ドラッグストア大手のココカラファインは10月1日、グループの物流機能を担う子会社「ココカラファイン フリュアヴァンス」(横浜市)を同日付で設立したと発表した。

業務を外部に委託していた物流センターを自社運営に切り替え、物流コスト抑制や納期順守、人材育成などに注力、グループ全体のSCM最適化を図る。

ココカラファインは全国で1300以上の店舗を展開、物流センターは全国9カ所に構えている。このうち、埼玉県のセンターから庫内作業の内製化を進めるとみられる。同社は今年8月、同業のマツモトキヨシホールディングスと経営統合の交渉入りすることを発表している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事