エスラインギフ、岐阜の本社敷地内で飲料保管自動倉庫が完成

エスラインギフ、岐阜の本社敷地内で飲料保管自動倉庫が完成

延べ床面積5834平方メートル、ダイフク製自動ラックシステム導入

エスライングループのエスラインギフは10月1日、岐阜県岐南町の本社敷地内に、飲料保管の自動倉庫が完成したと発表した。

保管商品の入出庫にコンベヤーや無人台車、スタッカークレーンなどの最新自動化設備を活用し、作業の労力を最大限抑制。さらに、ダイフク製の自動ラックシステムを採用し、庫内の無人化を追求するとともに、在庫の9段積みを達成。同じ床面積の平置き倉庫より2倍以上の保管容量を達成している。

1万624パレットを収容することができる。エスラインギフは無人化により庫内をフォークリフトが走り回る必要がなくなり、安全性が向上したと強調している。


自動倉庫(奥)などの全景(エスラインギフプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事