乾汽船の筆頭株主アルファレオ、買収防衛策廃止提案の総会招集を申し立て

乾汽船の筆頭株主アルファレオ、買収防衛策廃止提案の総会招集を申し立て

会社側対応不満で東京地裁に

乾汽船は10月23日、筆頭株主の資産運用会社アルファレオホールディングスが、株主総会の招集許可を求めて東京地裁に10月11日付で申し立てたと発表した。

関連記事:アルファレオの社長解任提案「全く現実的ではない」

アルファレオの求めを受けて乾汽船が11月4日に開く臨時株主総会では、アルファレオが要求していた議案のうち、買収防衛策廃止については取り上げないことを決めていた。この対応を不満として、アルファレオが新たに法的措置に踏み切ったとみられる。

アルファレオは9月26日時点で乾汽船株式の28・15%を保有している。買収防衛策は乾汽船株式の30%以上を所有する株主が現れた場合に発動することになっている。

乾汽船は「本申し立ての内容を慎重に検討の上、適切に対応する」との声明を発表した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事