ミドリ安全、埼玉・越谷の拠点にギークプラスの物流ロボット導入

ミドリ安全、埼玉・越谷の拠点にギークプラスの物流ロボット導入

協栄産業が納入、業務効率3倍以上に改善可能と見込む

協栄産業は10月25日、作業現場用のユニフォームや安全衛生保護具などの大手、ミドリ安全の埼玉県越谷市で展開している物流拠点「越谷ユニフォームステーション」に、ギークプラス製の物流ロボット「EVE」シリーズの「P800R」を納入したと発表した。

併せて保守サービスも提供する予定で、11月中の稼働を見込む。

「EVE」は棚の下に潜り込んで持ち上げ、スタッフの元まで搬送する。協栄産業は庫内作業スタッフの負荷軽減に加え、業務効率自体も3倍以上に高めることが可能と説明している。


導入する「P800R」と「越谷ユニフォームステーション」(協栄産業提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事