メルカリのフリマ商品発送用梱包資材、ファミリーマートでも販売

メルカリのフリマ商品発送用梱包資材、ファミリーマートでも販売

コンビニ大手3社出そろう

フリーマーケット(フリマ)アプリ大手のメルカリは10月29日、アプリで売れた商品を発送する際に使えるオリジナルの梱包資材の販売を同日、全国のファミリーマート店舗で開始したと発表した。

価格は宅配に使える5枚入りビニール袋が140円、クッション封筒が2枚で130円、ヤマト運輸の「宅急便コンパクト」専用箱が70円、同社の「ネコポス」用段ボール箱が66円(いずれも税込み)。

一部店舗では、ファミリーマートのマルチメディア端末「Famiポート」近くの雑誌売り場に専用の什器を設置。ユーザーがすぐ分かるようにするとともに、同端末ですぐにヤマト運輸を使った発送の手続きまで行えるよう配慮している。

メルカリがアンケートを実施した結果、フリマを使わない理由として、梱包の資材をどのように調達すればよいか分からないといった声が多く挙がったため、発送の手間を減らすとともに、梱包資材と発送を同一拠点で扱うことで、フリマの利用促進を図る。ファミリーマートは来店増につなげていきたい考えだ。

メルカリはセブン―イレブンとローソンでも同様に専用の梱包資材を提供しており、コンビニ大手3社で対応が出そろった。同社の石川佑Offline UX マネージャーは「今後も梱包資材の販売チャネルを多様化するなど、手軽にご利用できる環境整備に努めていきたい」と語った。


雑誌売り場近くに設置された専用什器(東京・新宿のファミリーマート新宿靖国通り店)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事