中国向け越境ECのインアゴーラと富山第一銀行が提携

中国向け越境ECのインアゴーラと富山第一銀行が提携

県内企業の出品を包括的にサポート、物流も手配

中国の消費者向けに日本商品をインターネット経由で販売する越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」を展開するインアゴーラ(東京)と富山第一銀行は10月29日、業務提携したと発表した。取次パートナー契約を締結した。

両社がタッグを組み、富山県内の企業が中国向けの越境ECを行うのをサポートしたり、中国市場への進出を後押ししたりする。日本の優れた商品を中国に紹介し、消費活性化を図る。

インアゴーラが商品説明の翻訳や物流手配、決済整備、マーケティング、顧客対応などを一括で担当。富山第一銀行は取引先にインアゴーラのサービスを紹介、利用を積極的に働き掛ける。


越境ECプラットフォームの概要(両社提供)※クリックで拡大
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事