日立物流、埼玉・春日部で複数のEC事業者が最新設備シェア可能な専用センター開設

日立物流、埼玉・春日部で複数のEC事業者が最新設備シェア可能な専用センター開設

従量課金制採用、スタートアップ企業などの負荷軽減狙う

日立物流は10月30日、埼玉県春日部市の物流施設で新たにEC事業者向け専用の「ECプラットフォームセンター」を稼働させたと発表した。

複数のEC事業者が最新の設備や物流システムをシェアすることが可能で、使った分だけ料金を支払う従量課金制を採用。事業を始めたばかりのスタートアップ企業などの負荷を軽減し、成長をバックアップする狙い。

使用エリアは広さが6600平方メートル。EC向けの汎用WMS(倉庫管理システム)とRCS(リソースコントロールシステム)を軸として、各種 ECサイトやショッピングモールと接続してセンター内の作業をコントロール、工程ごとに使うリソースを最適化できるようにしている。RCSの一部は日立製作所と共同開発した。


「ECプラットフォームセンター」の全体図(日立物流提供)※クリックで拡大
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日立物流カテゴリの最新記事