新型コロナウイルス感染症への対応について

大和ハウス工業がベトナムで初のマルチ型物流施設

大和ハウス工業がベトナムで初のマルチ型物流施設

2棟で賃貸面積6万2千平方メートル確保へ

 大和ハウス工業は9月5日、ベトナム南部ドンナイ省の工業団地で同社初のマルチテナント型物流施設「Dプロジェクト・レンタルウェアハウス・ロックアンビンソン」を開発すると発表した。同国内外の物流企業などの需要獲得を目指す。

 新施設は賃貸面積約3万2千平方メートルで、今年10月1日に工事を開始。さらにもう1棟も建設し、2棟で計約6万2千平方メートルを確保する予定。

 冷凍・冷蔵用電源を確保するほか、太陽光発電システムも採用するなど、多様なニーズに応じられるよう配慮する。

 大和ハウスはベトナムで既に双日、神鋼環境ソリューション(神戸市)と共同で工業団地を展開している。

(藤原)

ベトナムの新物流倉庫の外観イメージ(大和ハウス工業提供)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事