新型コロナウイルス感染症への対応について

アマゾン、宮城で個人と商品配達の委託契約結ぶ「アマゾンフレックス」を運用開始

アマゾン、宮城で個人と商品配達の委託契約結ぶ「アマゾンフレックス」を運用開始

東北初、ドライバー募集開始

アマゾンジャパンは11月5日、個人と直接、商品配達の業務委託契約を結ぶ「Amazon Flex(アマゾンフレックス)」を宮城県で導入すると発表した。配達を担うデリバリーパートナーの募集をスタートした。

アマゾンフレックスは、個人事業主として業務時間と日時を自由に選択可能。アマゾンは宮城で月額37万円の報酬を得ることが可能とアピールしている。

専用アプリをダウンロードすれば利用可能で、報酬は週ごとに支払う仕組み。アマゾンは「20歳以上で、黒ナンバーを取得した貨トラックや軽バンなどの軽貨物自動車があり、貨物軽自動車運送事業の届け出をされていて、必要な保険に加入している方であれば、どなたでも応募することができる。登録、スケジュール管理、そして商品配送は全てFlexアプリで行うことが可能」と説明。未経験者にも事前にガイダンスを実施する。

アマゾンフレックスは現在、東京と神奈川、千葉、愛知、北海道で実施しており、東北エリアは宮城が初となる。アマゾンは今後も対象エリアを順次広げていきたい考え。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事