LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

米プロロジスが円建て社債発行で最終調整

米プロロジスが円建て社債発行で最終調整

償還期間4本、近く条件正式発表へ

 米プロロジスは、円建て社債を発行する方向で最終調整している。

 今年8月に同業の米DCTインダストリアルトラストの株式交換による買収を完了しており、社債発行で調達した資金を借入金返済の一部に充てる。近く発行総額や利率などを正式に発表する見通し。

 従来は米ドル建ての社債がメーンだったが、低金利が続いていることなどを踏まえ、日本でも発行を検討することにした。

 日本での販売はSMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券の3社が担当し、償還期間は7年、10年、12年、20年の4本にする方向。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

プロロジスカテゴリの最新記事