新型コロナウイルス感染症への対応について

大和物流、千葉・柏で1・4万平方メートルの物流施設が満床で完成

大和物流、千葉・柏で1・4万平方メートルの物流施設が満床で完成

複数荷主が利用、常磐道インターから560メートルと近接

大和物流は11月15日、千葉県柏市で新たな物流施設「柏インター物流センター」が完成、同1日に稼働を開始したと発表した。

地上4階建て、延べ床面積1万4489平方メートル。常磐道の柏ICから約560メートルと近接しており、国道16号沿いに立地している。

複数の荷主企業が利用しており、満床での稼働となった。柏営業所を新センターに移設して業務の効率化を進めるとともに、千葉県野田市の旧柏営業所は野田出張所に改称、営業を続ける。

同社は今年9月末時点で全国に93カ所、総延べ床面積26万坪超の物流施設(物流不動産を含む)を運営。2019年度は新センターを含めて新たに3棟、約1万5千坪の物流施設を開発していくほか、20年3月の開設に向けて2棟の開発を進行中。20年度には5カ所、計約2万6千坪の建設を予定している。


「柏インター物流センター」の外観(大和物流提供)
(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事