日通、インド現法が現地空港貨物地区の倉庫でGDP認証取得

日通、インド現法が現地空港貨物地区の倉庫でGDP認証取得

3温度帯対応、医薬品産業集積地に

日本通運は11月27日、インドの現地法人が同国南東部のハイデラバード空港貨物地区内の倉庫で、医療・医薬品の適正な物流に関する国際基準「GDP認証」を取得したと発表した。発効日は同5日付。

ハイデラバードは経済成長が

目覚ましく、医薬品産業が集積していることもあり、物流需要の掘り起こしに向け基盤を整備した。

当該の倉庫は2~8度(冷蔵)、15~25度(定温)、通常空調(常温)の3温度帯を管理できる設備を導入している。


GDP認証を取得した施設の入り口(日通プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事