三菱ロジスネクスト、物流実験センターを開設

三菱ロジスネクスト、物流実験センターを開設

AGVや無人フォークの技術向上目指す

三菱ロジスネクストは11月28日に公表した2019年度第2四半期の決算説明資料の中で、物流ソリューション領域の拡大策として、物流実験センターを設置したことを明らかにした。

親会社の三菱重工業の総合研究所高砂地区内に開設。AGV(無人搬送車)やAGF(無人フォークリフト)の拡販と技術向上が目的と説明している。

三菱ロジスネクストは「当施設を通じて社内外のイノベーションを生み出し、お客さまへ最適ソリューションの提供を目指す」と強調している。


物流実験センターの概要(三菱ロジスネクスト決算説明資料より引用)※クリックで拡大
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

nocategoryカテゴリの最新記事