大阪で開催の「第1回関西物流展」、3日間で2万人超が来場

大阪で開催の「第1回関西物流展」、3日間で2万人超が来場

全国230社が出展、アシストスーツやAGVなど多様なソリューション集結

物流に関する西日本最大級の展示会「第1回関西物流展」が11月27~29日の3日間、大阪市のインテックス大阪で開かれた。

物流事業者やマテハン設備メーカーなど全国の230社が出展。物流業界を見舞う深刻な人手不足に対抗するため、生産性向上や省人化を実現する多種多様なソリューションが軒を連ねた。期間中に延べ2万人を超える来場者を集めた。


会場のインテックス大阪


3日間盛況だった会場

出展者のうち、クボタは約20キログラムのコンテナを楽に持ち上げたり降ろしたりできる「パワーアシストスーツ WIN-1」を公開。ワイヤーが荷物を吊り上げるため、腕に負荷がかからないのが強みとしており、デモンストレーションも実施した。

ユーピーアール(upr)も同社が注力しているアシストスーツを展示。無動力タイプから動力タイプまでさまざまな商品群が並べられ、来場者の関心を呼んでいた。


クボタが出展した「パワーアシストスーツ WIN-1」


多様なアシストスーツが並ぶuprのブース

カメラなしドラレコやIoTコンベヤーも登場

クイックトロン・ジャパンは最新型のAGV(自動搬送車)「朱雀M40」を公表。寺岡精工は業界で初めて厚さ5ミリメートルの貨物の採寸が可能な自動採寸軽量スケールをお披露目した。データ・テックはカメラがなくてもドライバーの運転が分かる新型のドライブレコーダーを提供。

CBcloudも軽貨物を運べるトラックドライバーを平均56秒で見つけられる国内最大級のマッチングプラットフォームをアピール。タナックスは梱包対象物の3辺サイズにぴったり合わせた段ボールを自動で製造できるシステム「Just fit BOX (ジャストフィットボックス)」をPRした。

このほか、モーダルシフトの候補として注目度が高まっているJR貨物と全国通運連盟は共同で精巧なNゲージのジオラマで貨物輸送を再現するなど、鉄道コンテナ輸送の強みを積極的に告知。倉庫のマッチングサービスを手掛けるsoucoは、専用ウェブサイトのデザインを大幅に改良するなど、より使い勝手を向上させたことを発表した。

伊東電機は、工場や物流施設での活用を想定しているIoT(モノのインターネット)コンベヤー「id-PAC」など最新の製品を積極的に売り込んでいた。パスコはナビタイムシステムとも協力し、先進的な車両管理サービスを展示。物流施設デベロッパーではプロロジスや大和ハウス工業、三菱地所、住友商事、グッドマンジャパン、シーアールイー(CRE)がしのぎを削っていた。

第2回は2020年10月28~30日に同じインテック大阪で開催する予定。


JR貨物と全国通運連盟が出展した精巧なNゲージの貨物輸送ジオラマ


soucoのブース


伊東電機の大型IoTコンベヤー
(川本真希、藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

nocategoryカテゴリの最新記事