メルマガの配信元アドレスが変更となりました

物流など向けアシストスーツ開発担う東京理科大発ベンチャーのイノフィス、35・3億円調達

物流など向けアシストスーツ開発担う東京理科大発ベンチャーのイノフィス、35・3億円調達

ブラザーやビックカメラなど引き受け先の第三者割当増資を実施

東京理科大発のベンチャー企業で、物流や介護などの現場作業の負荷を減らすアシストスーツの開発・販売を手掛けるイノフィス(東京)はこのほど、総額35億3000万円の資金調達を完了したと発表した。

ハイレックスコーポレーションやフィディリティ・インターナショナル、ブラザー工業、フューチャーベンチャーキャピタル、ナック、TIS、東和薬品、トーカイ、ビックカメラなどを引き受け先とする第三者割当増資を行った。調達資金は新たなアシストスーツの研究開発や国内外の事業開発・拡大に充てる計画。併せて、ハイレックスコーポレーションなどとは業務提携することを検討している。

今回は株式の新規公開(IPO)を意識し、事業規模拡大を図る「シリーズC」の資金調達と位置付けている。イノフィスがこれまでに調達した資金は累計で約50億円に達しているとみられる。

同社は2019年11月、10万円台と圧倒的な安さに設定した新たなアシストスーツ「マッスルスーツ Every(エブリィ)」を発売。既存のラインアップと合わせた累計の販売台数は5000を突破した。


新たに発売した「マッスルスーツ Every」(イノフィス提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事