新型コロナウイルス感染症への対応について

琉球海運、沖縄・豊見城に県内最大級の総合物流センター開発へ

琉球海運、沖縄・豊見城に県内最大級の総合物流センター開発へ

4・2万平方メートルでイオンなど入居、22年秋完成見込む

沖縄の海運大手、琉球海運は1月10日、同県南部の豊見城市で県内最大級の総合物流センター「(仮称)琉球ロジスティクスセンター」を開発すると発表した。

外国人観光客の増加などで県経済が成長しているのに伴い、沖縄本島南部エリアで物流施設が不足しているのに対応する。那覇空港の第2滑走路運用が今後本格的に始まり、入域観光客や貨物量の増加が見込まれることも視野に入れている。

地上2階建て、延べ床面積は約4万2000平方メートル。イオン琉球や沖縄岡崎運輸、琉球海運グループ企業が入居する予定。2022年秋の完成を見込む。

琉球海運が沖縄県内に構えるセンターとしては4カ所目となる。那覇港新港埠頭から10キロメートル圏内に拠点を置き、物流効率を高めたい考え。


「(仮称)琉球ロジスティクスセンター」の完成イメージ(琉球海運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事