メルマガの配信元アドレスが変更となりました

拓洋、野村不動産が埼玉・越谷で開発中の物流施設に入居へ

拓洋、野村不動産が埼玉・越谷で開発中の物流施設に入居へ

21年5月末完成予定、3・6万平方メートル

野村不動産が埼玉県越谷市で開発を進めている物流施設「Landport越谷」に、埼玉を地盤とする物流企業の拓洋(埼玉県八潮市)が入居することが決まった。1棟借りする予定。

同施設は2021年5月末の完成を見込んでおり、地上4階建て、延べ床面積は約3万6000平方メートル。拓洋は食品をメーンで取り扱うドライ倉庫の拠点として同6月から稼働させる。入居後は倉庫スペースを転貸することも計画している。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

同施設は越谷流通団地内に位置し、東京外環自動車道の草加ICまで約6・5キロメートル、東北自動車道の浦和ICまで約11・2キロメートル。


「Landport越谷」(野村不動産ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事