日本通運がイタリアのグループ3社を経営統合、欧州最大の現法に

日本通運がイタリアのグループ3社を経営統合、欧州最大の現法に

ライフスタイル分野の物流需要獲得図る

日本通運は1月16日、イタリアのグループ3社を今年1月1日付で経営統合したと発表した。

対象はイタリア日本通運、2013年に買収した高級ブランド中心にアパレル関連のフォワーディングを手掛けるフランコ・ヴァーゴ、同じく18年に買収したファッションやライフスタイル関連の倉庫保管・配送を担うトラコンフ。イタリア日通に残る2社を統合した。

3社が持つノウハウを連携し、ライフスタイル分野の物流需要取り込み拡大を図る。新会社は従業員が約1200人で世界87拠点を構え、日通としては欧州で最大、グローバルでも米国に次いで2番目に大きな規模の現地法人となった。


現地で開催した統合セレモニーの様子(日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事