LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

北越コーポレーションが紙製品輸送でモーダルシフト推進

北越コーポレーションが紙製品輸送でモーダルシフト推進

コンテナ増強により関西向けCO2排出量を9割削減

 北越コーポレーションは9月28日、紙製品輸送のモーダルシフト推進に向けてコンテナを増強すると発表した。

 45基の20フィートコンテナ(約10トン)を自社で製作・保有し、トラック輸送から環境負荷の低い貨物輸送へと切り替える。

 10月から関西方面を中心に新潟工場で生産された製品を自社コンテナにてユーザーへ輸送。これによりCO2排出量はトラックと比較して約9割削減されると試算している。

 コンテナを従来の12フィート(約5トン)から大型化することで最適な積み方や作業効率の向上を図り、リードタイム短縮と深刻化するトラック不足にも対応していく。

(鳥羽俊一)


※画像は北越コーポレーションWEBサイトより

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事