新型コロナウイルス感染症への対応について

アスクル、三菱ふそうのEV小型トラックをEC業界初導入

アスクル、三菱ふそうのEV小型トラックをEC業界初導入

30年までにラストワンマイルは全て電気自動車へ置き換え

アスクルは1月22日、三菱ふそうトラック・バス製のEV(電気自動車)小型トラック「eCanter(eキャンター)」をEC業界で初めて導入したと発表した。同日、物流子会社のASKUL LOGIST(アスクルロジスト)が運用を開始した。

アスクルは商品配送のラストワンマイルを担う車両を2030年までに全てEVへ置き換える目標を掲げており、今回の措置もその一環。当初は2台で運用をスタートし、順次台数を増やしていく計画だ。

eキャンターは車両総重量が7・5トン、航続距離は約100キロメートルを実現しており、日本国内では現在46台が稼働している。日米欧で計100万キロメートル超の走行実績を重ねている。


アスクルロジスト新木場物流センターで行われた納車式に参加した三菱ふそうトラック・バス傘下の丹野誠南関東・甲信ふそう社長(左)とASKUL LOGIST・江田修一社長(アスクル提供)

(藤原秀行)※eキャンターの写真もアスクル提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事