【動画】頑張れアスリート!子供たちの五輪応援メッセージがヤマトの宅配トラックと都内を駆ける

【動画】頑張れアスリート!子供たちの五輪応援メッセージがヤマトの宅配トラックと都内を駆ける

公募の14万作品から14選出、1000台にラッピング・貼付

ヤマトホールディングスは1月26日、東京・大田区の大型物流拠点「羽田クロノゲート」で、東京オリンピック・パラリンピックに参加する全てのアスリートに向け、全国の小中学生から公募した応援メッセージを掲載した宅配用トラックをお披露目した。

約14万作品の中から審査で選んだ14作品が登場。参加者らが見守る中、それぞれのメッセージを日本語と英語の両方で荷台全体にラッピングしているヤマト運輸やヤマトホームコンビニエンス、ヤマトグローバルエキスプレスのトラック14台が次々に出発した。

金賞は東京都の小学3年生、山村茉由莉さんと愛媛県の中学3年生、山本樹人君が受賞した。山村さんは「音だけでボールのいちが分かった!!車イスを素早く操じゅうする姿は本当にカッコイイ!パラリンピック大好き」、山本君は「夢にみた舞台が始まる。努力したから今がある。この瞬間にすべてのパワーを咲き誇れ!!」とのメッセージだ。

五輪までの期間、14種類の応援メッセージを荷台全体にラッピングした宅配トラック250台、ステッカーを貼付した宅配トラック750台と荷物を運ぶ台車2000台が順次東京都内を駆け回る予定。応援の機運を盛り上げるのが狙い。

作品は2019年6~9月に募集。審査委員は明治大教授の齋藤孝氏、女子水泳銅メダリストでスポーツキャスターの寺川綾氏、元Jリーガーでスポーツジャーナリストの中西哲生氏、車いすバスケットボール選手の藤井郁美氏、ハンドボール選手の宮﨑大輔氏が務めた。


メッセージを荷台全体にラッピングしたトラック


メッセージトラックと記念撮影に応じる受賞者や審査委員、ヤマトホールディングスの長尾裕社長らグループ4社トップ


金賞を受賞した山村さん(左)と山本君。それ以外は左から齋藤、寺川、中西、宮﨑の各氏   


ステッカーを貼付した台車※写真はいずれもクリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事