新型コロナウイルス感染症への対応について

DroneFutureAviation、ドローンファンドから1億円資金調達

DroneFutureAviation、ドローンファンドから1億円資金調達

人員増強やサービス体制拡充、事業基盤強化に充当

ドローン(無人飛行機)の開発などを担うDroneFutureAviation(DFA、東京)は1月28日、ドローン関連の事業を手掛けるスタートアップ企業に投資するDroneFune(東京)から、シード(創業期)のステージとして1億円の資金を調達したと発表した。

DFAは物資搬送の省人化に向け産業用ドローンや陸上配送ロボットの普及を目指しており、海外製ドローンの販売やリースなどを手掛けている。今回調達した資金は人員増強やサービス体制拡充、事業基盤強化に充てる。

DFAはノルウェーのGRIFFアビエーション製大型産業用ドローンや、イタリアのYAPE製陸上配送ロボット「YAPE」などを取り扱っている。


DFAが取り扱っている大型産業用ドローン「GRIFF135」(同社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事