新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤマト、トラックリース子会社の株式6割を芙蓉総合リースに売却

ヤマト、トラックリース子会社の株式6割を芙蓉総合リースに売却

4月1日付、事業強化図る

ヤマトホールディングスは1月30日、完全子会社で運送事業者へのトラックリース事業を手掛けるヤマトリース(YL)の発行済みの株式60%を4月1日付で芙蓉総合リースに売却すると発表した。売却額は約36億円。

芙蓉は約3000社の顧客を持つヤマトリースを子会社化し、リース事業の強化を図る。芙蓉はBPO(企業の管理業務などを受託するサービス)を手掛けており、運送事業者ともつながりがある。将来はトラックのシェアリングサービスなども視野に入れているもよう。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事