新型コロナウイルス感染症への対応について

「空飛ぶクルマ」開発ベンチャー、米国で日本企業初の試験飛行許可取得

「空飛ぶクルマ」開発ベンチャー、米国で日本企業初の試験飛行許可取得

1人乗りeVTOL、ボーイング後援の開発コンテストに参加へ

垂直に離発着して上空を移動する「空飛ぶクルマ」の開発に取り組むベンチャー企業のテトラ・アビエーション(東京)は2月21日、実用化を目指している電動垂直離発着機(eVTOL)の試験飛行許可を日本企業としては初めて米連邦航空局(FAA)から取得したと発表した。

同社が開発を進めている「teTra Mk-3E(テトラ3)」は、実際の機体で本格的に飛行運用試験を始められるようになった。2月27~29日に米シリコンバレーのNASA(米航空宇宙局)エイムズ研究センターで開かれる米ボーイング後援の1人乗りエアーモビリティー開発コンテスト「GoFly」世界大会決勝に参加するほか、商業運用の実現に向け、研究を継続する。


「teTra Mk-3E」の機体(テトラ・アビエーション提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事