新型コロナウイルス感染症への対応について

オリックス不動産、大阪・箕面で6・3万平方メートルの物流施設開発へ

オリックス不動産、大阪・箕面で6・3万平方メートルの物流施設開発へ

22年3月完成予定、最大4テナント入居可能に

オリックスは2月27日、傘下のオリックス不動産が大阪府箕面市で新たな物流施設「(仮称)箕面ロジスティクスセンター」を開発すると発表した。

地上4階建て、延べ床面積は約6万3700平方メートルを想定今年11月の着工、2022年3月の完成を見込む。最大5テナントが入居可能とする計画。

新施設は大阪市中心部から25キロメートル圏内に建設し、新名神道の箕面とどろみICから約2・2キロメートル、阪神高速の池田木部ICから約7・2キロメートル、中国道の中国池田ICから約13・5キロメートル。


「(仮称)箕面ロジスティクスセンター」の完成イメージ(オリックス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事